COUTURE NAOCO WEDDING

Blog

マダム・ペレの怒り

2018.05.15 (Tue)

最近ハワイ島のキラウエア火山が噴火するという事件がありました。

写真は地元のテレビ局が発表したものです。

そこでキラウエア火山にまつわる昔からの言い伝えを紹介しましょう。

クチュールナオコ・ハワイ店のじゅんです。

こちらは火の神ペレ。キラウエア火山の火口に住むと言われています。

ペレについてはいろいろな説がありますが、よく言われているのは・・

ペレはタヒチで産まれましたが、その激しい気性と妹の夫を誘惑したことで父親に追い出されました。そしてハワイ諸島に流れ着き、そこで多くの逸話が生れました。数多くの恋人、不倫、確執、激しい感情のはけ口などにまつわるものです。

また別の説によりますと、ペレの兄が大きなカヌーを用意しペレとその兄弟が航海に出てハワイにたどり着いたというものです。最初はカウアイ島に着いたのですが、そこで妹に襲われ死にかけました。ペレは何とか命をとりとめオアフ島に逃げました。そこでかまどを掘って作ったもののひとつが今のダイアモンド・ヘッドだと言われています。ペレはハワイ諸島を旅しモロカイからマウイまで行きました。そしてハレアカラ火山を作ったと言われています。

ペレが生き延びたことを知った妹はマウイまで追って来ました。そこで2人は大喧嘩。ペレは敗れ神になりました。そしてハワイ島のマウナケアを住居とし、キラウエアの山頂にハレマウマウ・クレーターを掘りました。今ではそこにペレが住むと信じられています。

ペレは背が高く美しく若い女性として現れることもあれば、白い犬を連れたみすぼらしいおばあさんの姿で現れることもあるそうです。この乞食のような姿で現れる時は食べ物や飲み物を分けてほしいと言って人々を試すようです。気前よく分け合う心の広い人にはご褒美を与え、ケチな人には罰を与えて家や財産をつぶすとされています。

ここ最近のようにキラウエアがたびたび噴火するのはここにペレが今も住んでいることを忘れないでと言っているのではないでしょうか。

関連記事

CONTACT

ご相談はお近くのクチュールナオコサロンまで
挙式、パーティ、ドレスやタキシードのコーディネート、ご旅行、 なんでもお気軽にご相談ください。

お電話で問合せ
(フリーダイヤル)11:00〜19:00

クチュールナオコとは