COUTURE NAOCO WEDDING

Blog

知っておきたい沖縄の海の危険生物

2018.04.30 (Mon)

皆様こんにちは

アイネス ヴィラノッツェ 沖縄でサービスキャプテンを担当させて頂いております金城です。

前回はおすすめビーチを紹介させて頂きましたが、今回は沖縄で海水浴を楽しむ為にも知っておきたい沖縄の海の危険生物をご紹介します。

まずはこちらハブクラゲです。ご存知の方も多いのではないでしょうか。

6月くらいから9月くらいまでビーチの近くまでやってきます。くらげは透き通っているので発見しにくく要注意。激痛があり、みみず腫れができます。
さされた部分はこすらずに酢をかけてから触手を取り除いた後、氷や冷水で冷やして下さい。

つづいてはゴンズイです。

小さな魚でひげと尾っぽに毒が。丸く集団で固まって泳いでいます。釣りでかかってくる事も有るので気をつけてください。刺されると激痛があり、腫れます。吐き気や麻痺の症状を起こすこともあります。
つづいてはミノカサゴです。

棘のある長いひれがある魚でひれを広げると見るには綺麗ですが、触らないようにしましょう。岩場に隠れたりしています。刺されると激痛があり、腫れます。吐き気や麻痺の症状を起こすこともありますので注意が必要です。

以上、沖縄の海の危険生物でした。

安全に海水浴を楽しむ為にもネットの張ってあるビーチで泳ぐようにしましょう。

関連記事

CONTACT

ご相談はお近くのクチュールナオコサロンまで
挙式、パーティ、ドレスやタキシードのコーディネート、ご旅行、 なんでもお気軽にご相談ください。

お電話で問合せ
(フリーダイヤル)11:00〜19:00

クチュールナオコとは